0simの基本速度は0.30Mbps

私は「0sim」を2年以上使い続けていますが「基本速度」はほとんど変わりません。

0.30Mbps。

これが「0simの基本速度」です。

基本速度とは、「0simの最低速度」と思っていただいて構いません。

これより遅い時もありますが大きなブレはありません。

ごく稀に「8Mbps~10Mbs」くらい出すときもあります。

「0sim」の「基本速度」の推移

2018年03月現在、0simの基本速度は 0.10 Mbps

2018年06月現在、0simの基本速度は 0.30 Mbps

2018年09月現在、0simの基本速度は 0.30 Mbps

2018年12月現在、0simの基本速度は 0.30 Mbps

2019年03月現在、0simの基本速度は 0.30 Mbps

2019年06月現在、0simの基本速度は 0.30 Mbps

このサイトでは「4半期」ペースで「0simの基本速度」を公開していきます。

公開するデータソースは「私が実際にスマホでスピードチェックをした生データ」です。

データソースは「sim-linux.com」にて「過去の測定分」も含め公開しています。

「0sim」は「遅い」のか?

「0simって遅いのか?」という疑問にズバッとお答えします。

0sim」はめちゃくちゃ「遅い」です!

基本速度は「0.30Mbps」です。

「ダイヤルアップ世代の方」なら問題なく使えると思いますが、「ブロードバンド世代の方」には「回線トラブルかと思うくらい遅い」です。

普通に使いたい方は絶対やめておいたほうがいい」です。

ただ、「早朝深夜は 8Mbps とか出ちゃう」ので、その時間帯に起きていてパケット代節約したい方はおすすめです。

本当に「無料で 8Mbps とか出ます」から。

「0sim」は「繋がらない」のか?

0sim」は無料だけど「ほぼ繋がらないので使っても意味がない」という声をたまに聴きます。

はたして本当に「0simは使えない」のでしょうか?

使えないsimカード」とボロクソに叩かれている「0sim」が「なぜ約2年以上継続して運営している」のでしょうか?

そしてなぜ私は「2年以上継続して 0sim を使用している」のでしょうか?

0simの「基本速度」は0.30Mbpsです。

早朝深夜のみ 8Mbps くらい出る」こともありますので、その時間帯なら「動画も見れます」。

ピーク時でも「0.30Mbps より下がることはあまりない」のである意味安定しています。

0.30Mbpsで出来ること

ネットニュース」くらいなら少し遅いですが見ることが出来ます。

メールチェック」や「ラインのメッセージの送受信」,「画像データのアップロード」くらいなら可能です。

ダウンロードは遅いですが、「アップロードは非常に速い」です。

すでにほかの格安simをお持ちの方も「サブsim」にどうですか?

「すでに格安simは持ってるよ!」って方でも、もう一台空いているスマホがあるならなら「0sim」を持っておくと「毎月 499MB 余分に使えるようになる」ので本当に便利ですよ。

0simの公式ホームページはこちら

「0sim」ってホントに「無料」なの?

0sim」は本当に「無料で使える格安sim」なのでしょうか?

無料というのは「何が無料なのか?」を解説していきたいと思います。

「データsim」で契約して、月に「499MB以内」に収めることが出来れば月額料金は無料です。

「0simのプラン」は上記の「3つのプラン」が存在します。

データsim」で契約し、「データ使用量を 499MB に見事納める」ことが出来れば月額料金は無料です。

データsimとは・・・通話ができない「データ専用のsimカード」のことをいいます。

月額料金は「無料」になりますが、0simを契約するときには「初期費用」がかかります。

「0sim」は「月額料金は無料」なのですが、「初期費用」が発生します。

この「初期費用の3394円が高いのか?安いのか?」は個人差があると思いますが、私は「安い」と思いました。

一度契約してしまえば「0sim」がサービス停止になるまで「永遠に無料」ですので長い目で見ればかなりお得です。

「0sim」は「3ヶ月未使用」だと「自動的に解約」されます

「3か月未使用」だと0simは「自動解約」になります。

「0sim」あるあるですが、使い始めてすぐに「0simの実力に幻滅して」使わなくなるんですよね・・・

一応、「2か月未使用な状態」になると「警告メール」が来るのですが、「3カ月に一回だけ起動するのすら面倒」になってきます。

「0simユーザー」で「継続してずっと利用している人」は多くはないと私は思っています。

「0sim」の「評判」ってどうなの?

0sim」の「評判」を聞きたくても使ってる人を知らないので、今回は「2年間 0sim を使っている私」が感想を書きたいと思います。

「0sim」は使えないのか?

「0simは「時間帯を間違えなければ」他社の格安simと「同等かそれ以上の速度」を出すことが出来ます。

具体的に言えば「深夜早朝なら8Mbps」くらい余裕で出たりもします。

「深夜の活動が多い方」にはピッタリですね。

「0sim」が「速くなる時期」がありますが、その際の「nuroモバイルからの告知」はありません。

速くなる時期に入ると昼でも「8Mbps」とか出たりします。

利用者側からすれば完全に「振り回されている」としか思えない状況です。

まあ、無料ですから。。。

「0sim」が使える時間帯は?

深夜の2時~早朝の6時」なら「8Mbps」くらい出ることがあります。

その他の時間帯は「0.30Mbps」が基本速度です。

「0sim」はこんな方におすすめ

初期費用は「3394円」かかりますが、その後は本当に「無料」で使えます。

データsimなら「解約金も発生しません」ので、お金はないけど外出先でスマホが使いたい人にはおすすめします。

月額700円払えば「音声通話sim」が使えるので、電話番号が必要な方は「月額700円で電話番号がもらえます」。

固定電話(着信専用)として使いたいなら「0simの音声通話sim」がおすすめです。

「0sim」はおすすめできますか?

「他社のプラン」に加入しているんだけど「0.5G増えるなら持っておきたいな」って方には大変おすすめできます。

スマホは持ちたいけどお金がない」って方にもおすすめできます。

「0sim」評判まとめ

「0sim」は「遅くて使いにくい」です。

しかし「499MBを無料で使える」のは事実です。

メールチェック」や「ラインのメッセージ」程度なら問題なく使えると思います。

深夜、早朝なら「動画」も見れます。

0simの公式ホームページはこちら

*********************************************

「0simだけ」だと「正直つらい」ので「メインsimには有料sim」を持っていた方が実用的です。

私は「0sim」と「ラインモバイル」の2枚持ちです。

月額500円から使える超おススメの格安sim「ラインモバイル」

「0sim」ってどんな風に運用すれば「お得」に使えるの?

0sim」の「お得な運用方法」を考えてみました。

やっぱり「2枚目のsim」としてサブ的な運用

早朝、深夜は「8Mbpsくらい出ます」ので、早朝出勤されてる方は時間帯的に「動画が見れる」かもしれませんよ。

その他の運用としては、「子供に持たせる初めてのスマホ」に「0sim」

「500MBを超えると有料」なので、そこら辺をうまく利用して「子供に自分で 0sim を管理させて 499MB 以内で運用出来たら褒めてあげる」とか。

「500MB 超えたらお小遣いから天引き」とか。。。

「100MB 超えても 100円」ですからね・・・

「カーナビ専用」とか「ラジオ専用」とか「ライン専用」とか。

カーナビにも使えますが、昼間はほぼ使えません。

ラジオも昼間でなく「深夜のオールナイトニッポン」とか・・・

「ラインのメッセージ」なら昼間でも使えると思います。

問題は「500MBを超える可能性」がありますので、超える前にストップして「メインsimに切り替える練習」などしておくと便利ですね。

499MBになったら教えてくれるアプリ」とかありますので活用するといいと思いいます。

「0sim」にも「かけ放題」があります

0sim」にも「かけ放題」がありますその名も「nuroモバイルでんわ10分かけ放題」

下記の無料アプリをインストールする必要があります。

「0sim」も「立派な格安sim」です。

ちゃんと「電話」もできます。

「月額700円の音声通話sim」+「月額800円の10分かけ放題オプション」で「月額1500円で10分かけ放題」のスマホの完成です!

さらに!

「0sim」ですから「499MB」までは「インターネットが無料」です!

「10分かけ放題でデータ通信が無料(499MBまで)で使える格安sim」って他にないと思いますよ。

「0sim」を使用する際には「smsオプション」は付けたほうがいいのですか?

0sim」を利用するときには「smsオプション」ってつけたほうがいいのか迷いますよね。

たかが「月額150円」ですが、必要のないものなのに毎月定額のお金は払いたくないですもんね。

このサイトでは、「smsオプションはいるか?いらないか?」を考えてみたいと思います。

「sms」オプションとは?

「sms」とは「ショートメール」の事です。

「携帯電話」時代から変わらず使われているあの「ショートメール」です。

「email」の方が身近に感じられますが、じつは「ショートメール」って格安simを利用する際に結構便利なんです。

格安simになぜ「sms」が便利なのか。

「メールアドレス」の代わりになる

「sms認証」という便利なサービスが受けられる

電池の消耗を抑えられる

「sms認証」という便利なサービスが受けられる。

この「sms認証」というものがあるといろんなサービスを受ける際に「認証の手段」として使えます。

最近は「電話番号認証」と「sms認証」が増えてきています。

電話番号認証」とは・・・本人確認の精度を上げるために実際に電話番号を入力し、入力した電話番号に電話がかかってきて認証するシステムです。

sms認証」とは・・・本人確認の精度を高めるためにsms番号を入力してショートメールを送ってもらいます。そのショートメールに暗証番号が書いてありその暗証番号で認証するというシステムです。

もちろん「電話番号認証」を受けるには「音声通話sim」である必要があるのですが、「sms認証」だけでも結構なサービスが受けられます。

主なサービスとして「ライン」があげられます。

ラインを使用する際に「sms認証」がないと他の認証というと「facebook認証」くらいしか思いつきません。

「facebook」をしている方はいいですがその他の方は出来ません。

ライン以外にも「sms認証」は便利な「認証手段」なので月額150円なら付けておくことをおすすめします。

「音声通話sim」には「sms」が最初からついている。

音声通話simには「あらかじめsmsサービスは付いています」ので安心してください。

「iPhone」でも「0sim」って使えるんですかね?

iPhoneユーザーでも「0sim」って使えるんですかね?

「0sim」が使えるなら「端末代金が高いiPhone」でも使用料金が安ければお手軽に使えるようになりますよね。

iPhoneでも「0sim」は使えます。

「0sim」は「ドコモ回線」なので「ドコモで買ったiPhone」なら「simロック解除なし」で0simを使うことが出来ます。

何もせずにそのまま使えるということです。

au、ソフトバンクで買ったiPhone」は「simロック解除」しないと0simを使うことは出来ません。

「simロック解除」というのは各メーカーが「自分のメーカー以外の回線を使わせないぞ!」という「意地悪なロック」を解除することを言います。

iPhoneでも「0sim」は使えますが、端末が購入できるわけではありません。

良く勘違いされる方がいらっしゃいますが、「iPhoneが買える格安sim会社」と「そうじゃない格安sim会社」があります。

ちなみに0sim」を契約する際にはiPhoneは購入できません。

アップルの公式ショップで購入するか、他社で購入してしばらく使ったのちMNPで「0sim」に転入するという方法がありますが、一番現実的なのは大手キャリアで機種変更したときにあまったiPhoneに「0sim」を挿すという方法です。

「0sim」の「解約方法」は?「解約金」ってかかるの?

0sim」を契約するときは「初期費用3394円」かかりましたが、0simを解約するときって「解約金」ってかかるんですかね?

0simの解約方法

ご利用者向けページから解約が出来ます。

解約は「お申し込み月の月末」で解約となります。

※データの前借をした場合は当月の解約はできません。

解約後、4カ月間はご利用者向けページにアクセスできます。

0simの「解約料金」

データsim 0円

データsim+sms 0円

音声通話sim 5000円(最低利用期間12カ月)

音声通話simに関しては「最低利用期間12カ月を過ぎている場合」は解約金はかかりません。

「0sim」を「解約」したらどこに「sim返却」したらいいの?

0sim」に限らず格安simを解約したときは、simを返却することが一般的です。

ここでは、「0sim」の「sim返却」方法を説明します。

返却の際に「伝票番号が必要になる場合がある」との事なので、配達記録付きの配達方法で送ったほうがよさそうですね。

クロネコヤマトでも郵便局でも「安い配達記録サービス」はありますので、それを使うといいと思います。

送料は「自分持ち」です。

自動解約になって、simの返却をしないでそのまま放置すると「simカード損害金」を取られますのでご注意ください。

「simカードの破損」の場合も「simカード損害金」が発生します。

**********************************************

「0sim」についてもっと知りたい方は「sim-linux.com」にて0simについていろいろ書いてますので興味のある方はどうぞ。

「ライン@」で「0simの速度」を配信しています。

よかったら「お友だち」になってください ^^

友だち追加

*********************************************

0simを「着信専用」にすれば「月額700円」でスマホが持てます

まさに逆転の発想と言いますか、「電話はかけないけど着信専用として持ちたいよ」って方に朗報です。

0sim」はデータ使用量が499MBまで無料なのでそちらのほうがフューチャーされてますが、「音声通話sim」の方はあまり知られていません。

電話はかけずに「データ使用を499MB以内」で押さえれば「月額700円」で運用できます。

電話は持ちたくないけど、「連絡先は持っておかないといけない方」とかに便利だと思います。

固定電話が「月2000円」くらいすると思えば激安です。

自分から電話をかける」としても「10円/30秒」なので「5分で100円」です。

「0sim」で「IP電話」を使えば「最安値で音声通話」ができますが・・・

0sim」の「データsim」で「IP電話アプリ」を使用すれば「実質,月額基本料,無料」で音声通話ができるスマホが完成します。

しかし「0simの回線速度は遅い」ので「IP電話がまともに使えない」可能性が高いです。

IP電話とは、「電話回線」ではなく「インターネット回線」で通話をする電話の事です。

現実的に安く音声通話がしたい方」は、「0sim」の「音声通話sim月額700円」に加入するのが一番スマートです。

ラインモバイルのデータsim「ラインフリープラン1G月額500円」にIP電話アプリ「SMARTALK(初期費用無料、月額基本料無料)」をインストールして使用するのもおすすめですが「音声通話の品質」を重視する方には「0simの音声通話sim」の方が「音声品質は良い」と思います。

「0sim」使用時の「必須アプリ」

「0sim」を使うときの注意点

「0sim」を使用する際で一番気を付けないといけないことは「3ヶ月未使用で自動解約」だということです。

その次に気を付けることは 、500Mbを超えると「自動課金」されるということです 。

「0sim」を使用する時に非常に便利な「アプリ」があるのでご紹介します

「MyDatemanager」というアプリです。

月の使用限度を「499MB」に設定して 、お知らせ設定をすれば499MBを超えそうな時に教えてくれます。

今月どのくらい使っているかもすぐに確認しやすいので 、 残り日数と相談しながら使用量を調節出来ます。

「0sim」の「留守電」の使い方,操作方法

0sim」の留守番電話オプションは「月額300円」で利用できます。

留守番電話サービス開始方法

1、「1411」に発信します

2、「ただいまから留守番電話サービスを開始します」のガイダンスが流れればOKですので電話を切ってください

留守番電話サービス停止方法

1、「1410」に発信します

2、「サービスを停止しました」のガイダンスが流れればOKですので電話を切ってください

新しい伝言メッセージの再生方法、保存方法、消去方法

1、「1417」に発信します

2、新しいメッセージがある場合は、メッセージが再生されます。メッセージを確認しましたら、それぞれの操作を行います

メッセージをもう一度聞く場合は「1」、メッセージを保存する場合は「2」、メッセージを消去する場合には「3」、次のメッセージを聞く場合は「#」を押します

3、「メッセージは以上です」のガイダンスが流れましたら「*」を押して電話を切ります

保存した伝言メッセージの再生、保存、消去方法

1、「1416」に発信します

2、メインメニューのガイダンスが流れましたら「1」を押します

3、保存した伝言メッセージを確認しましたら次の操作を行います

メッセージをもう一度聞く場合は「1」、メッセージを保存する場合は「2」、メッセージを消去する場合は「3」、つぎのメッセージを聞く場合は「#」を押します

4、「メッセージは以上です」のガイダンスが流れましたらOKですので電話を切ってください

0sim留守電まとめ

メインどころの使用方法は以上です。他にも、「留守番電話サービスセンターに接続されるまでの呼出時間設定方法」、「応答メッセージの作成、変更方法」、「発信者番号案内の設定方法」、「不在案内の応答メッセージ録音 / 変更方法」がありますが、もし使われる方はso-netモバイルのホームページを参考にされてください。

*********************************************

ラインモバイルの「データsim」は「回線速度が速い」ので、「IP電話アプリの性能」を十分に発揮できると思います。

「0sim」は速度がめちゃくちゃ遅いので、私は「0sim」をサブsim,「ラインモバイル」をメインsimの「2台持ち」にして使っています。

「ラインモバイル」は「回線速度が速くて月額500円」から使えます。

私が使っているプランは「コミュニケーションフリープラン3G 月額1690円」です。

私が月に支払っている「ラインモバイルの使用料」は「通話料込で2000円」くらいです。

月額500円から使える超おススメの格安sim「ラインモバイル」

*************************************************

「0sim」に移籍する際に「MNP」で転入って出来るの?

0sim」に移籍するときにも今使ってる電話番号を引き続き使うこと(MNP)ってできるんですかね?

「0sim」でもMNP(携帯電話番号ポータビリティー)は使用できます。

転入する時は、現在契約中の携帯会社で「有効期限が10日以上あるMNP予約番号」をご用意の上、申し込んでください。

なお、「ご本人様の名義」である必要があります。

なお、転出の際には「MNP転出手数料2000円(税抜)」が別途請求されますのでご注意ください。

「0sim」の「APN設定」ってどうやるの?

0sim」を使うにはスマホに0simを挿して、スマホの設定をする必要があります。

スマホ側でする設定のことをAPN設定といいます。

iPhoneの場合は手動でAPN設定するのではなく「プロファイルというプログラム」をダウンロードして自動で設定する必要があります。

0simの「APN設定」

APN設定情報(androidで手動インストールの場合)

  • APN:so-net.jp
  • ユーザー名:nuro
  • パスワード:nuro
  • 認証タイプ:CHAP or PAP

APN設定の方法(android)

APN設定の方法(iPhone)

「0sim」使うときに必要な「プロファイル」はどこでもらえるの?

0sim」をiPhoneで使う時には「プロファイル」というプログラムが必要になります。

ここでは、プロファイルをどこで入手するのかを説明します。

利用する端末が「Wi-Fi」でインターネットが出来る環境で下記のサイトにアクセスしてください。

http://www.so-net.ne.jp/retail/i/

1、ダウンロード完了後「プロファイル」画面が表示されます。

2、「インストール」を選択します。

3、※「未署名のプロファイル」の画面が出ても「インストール」を選択してください。

4、「インストール」完了の画面が出たら「完了」を選択。

5、本体のホームボタンを押してホーム画面に戻り「設定」を選択。

6、「設定」から「モバイルデータ通信」を選択し、「モバイルデータ通信」「LTE回線を使用」をオンにします。

私はiPhoneではないので確認は取れていませんが、是非試してみてください。

もし、うまくいかない場合は下記の電話番号にお問い合わせしてください。

so-net simサービスサポート

TEL:0120-062-260

受付時間:10:00-19:00(土日祝日含む)

simカード返却先住所

〒338-0824

埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1

「so-net 物流センター sim返却係」宛

「0sim」の「ウェブページ」に「ログイン」する方法

0sim」でマイページに「ログイン」する方法を説明します。

「0sim」のホームページがまずわからないと思いますので「下記のページ」からアクセスして下さい。

「0sim」のマイページはこちら

 

*********************************************

私は「0sim」の他に「ラインモバイル」をかれこれ2年使っていますが月額は通話料込みで「2000円くらい」です。

最安値は「月額500円」で使えます。

いろんな格安simも調べましたが「ラインモバイルのコスパ」は最強です。

月額500円から使える超おススメの格安sim「ラインモバイル」

*********************************************

最後に

「0sim」は使い物にならないという「評判」が出回っていますが、そんなことはありません。

0円 でインターネットが使えちゃうんです!素晴らしい!

コメントを残す